小学校は国立か私立に入学させたいと考えていると、いつから小学校受験の対策を開始したら良いかと悩んでしまうことがあります。いつから始めるかについての考え方が三通りあるので、よく理解して十分な対策を立てましょう。

一般的な開始時期はいつか

小学校受験の対策を始める一般的な時期はおよそ幼稚園の年少から年中という傾向があります。多くの小学校受験は秋の半ばから終わり頃に行われているので、一年から二年程度の時間を受験のための対策に費やそうと考えて計画されているのでしょう。このときに想定されている受験対策は塾に通わせたり、通信教育や家庭教師を利用したりすることなのが通常です。塾としても幼稚園の年少から受け入れていることが多いため、幼稚園受験に合格したときに合わせて塾にも入って勉強を始めるというのが計画性の高い家庭でよくあります。その後になってから小学校受験について考えるようになった場合には遅くとも年中の秋口には塾に通うなどの対策を始めているのが一般的です。

勉強という考え方と家庭での教育

小学校受験を考えている家庭ではもっと早い時期から教育を始めているということもよくあります。小学校受験では行動観察などのように普段からの生活の中で築き上げてきたものが大きな影響を与える部分も多いのが実情です。そのため、早い場合にはハイハイができるようになった頃から教育を始めているという過程もあります。成長段階に応じてできそうな課題を随時与えていって遊びも仕事もできるようにしていくという形で発育を促しているのが特徴です。この観点で小学校受験対策をする場合にはできるだけ早く取り組み始めることが重要になるので、遅くとも幼稚園に上がる前から常に教育を心がけて成長させようと努力を続けている傾向があります。

長期的な教育と受験対策

小さい頃から家庭レベルで成長を積極的に促してきたという場合には本格的な受験対策の時期は遅くすることもしばしばあります。家庭で教育を行ってきたという場合に、必ずしも小学校受験を念頭に置いていないことも珍しくありません。そして、幼稚園の親同士のコミュニケーションなどを通して受験をさせようと思うという場合がしばしばあります。この場合にはしっかりとした教育を行ってあることで必ずしも早期から塾に通わせたり、家庭教師を雇ったりする必要がないという判断をすることがあるのです。短期勝負で最後に受験のための知識を付けさせようと対策を本格化させることがよくあり、年中の秋頃から年長になった頃までが開始時期として選ばれています。